お客様の声 当院からのお知らせ 院長ブログ
鍼灸エクテ治療院
住所
〒152-0004
東京都目黒区鷹番3丁目11-7
ハギワラデュプレックス3階301号室
東急東横線「学芸大学駅」から
徒歩2分

診療時間
【午前】9:00~12:00
【午後】14:00~20:00

休診日
日曜・月曜
※診療日についてはグーグルカレンダーもご参照ください。

休診日カレンダー
予約フォーム facebook twitter Mixi

HOME > 院長ブログ > アーカイブ > 2014年10月アーカイブ

院長ブログ 2014年10月アーカイブ

水痘・帯状疱疹の予防接種について

 この10月から水痘・帯状疱疹ウイルスの予防接種が、
法律によって、定期予防接種に組み込まれました。
 
目黒区在住の方で
「生後12か月(1歳の誕生日の前日)から
36か月に至るまで(3歳の誕生日の前日まで)のかた」
は、区の契約医療機関で無料接種が受けられます。
 
保護者の方には、案内状が送付されている
と思いますので、まずご確認を。
 
また、
水痘にかかったことがなく、
水痘予防接種を受けていない
 
3歳から5歳の誕生日の前日までのお子様は、
 
平成26年10月1日から27年3月31日までに限り
公費で1回接種ができますので、
お住まいの自治体に確認してください。
 
水痘症については、
予防接種を受けることのリスクもありますが
その重症化を避けるためには、
予防接種を受けたほうが良いとの報告があり
 
また、妊娠の際に水痘に初感染すると、
母体や胎児への重大な影響もかんがえられますので
 
定期予防接種に組み込んだのです。
 
医療機関で問診や検査を受けて
接種していただくとよいと思います。
 
帯状疱疹と水痘症は同じウイルスで
引き起こされます。
 
昔、水痘症にかかった方でも
水痘・帯状疱疹ウイルスへの
細胞性の免疫機能が落ちた場合は
帯状疱疹にかかってしまいます。
 
帯状疱疹の発症を防止するためには、
予防接種を受けたほうが、
細胞性の免疫の能力が上がり
帯状疱疹にかかりにくく、
また、かかったとしても
出にくいと考えられています。
 
 もし、帯状疱疹にかかったら、
なるべく早く皮膚科医にかかり、
アシクロビルなどの抗ウイルス機能のある
薬剤を服用することをおすすめします。
 
残念ながら、病院でいただく抗ウイルス薬は、
帯状疱疹ウイルスの増加を抑える機能は
ありますが、
一度細胞に入りこんだ帯状疱疹ウイルスを
殺傷する力はないので、
体調の回復は、自己免疫の能力次第となります。
 
また、帯状疱疹のかかった後、帯状疱疹後神経痛が
出ることがあります。
 お薬もありますが、副作用が大変高い確率で
発生するようです。
 
帯状疱疹後神経痛には、鍼灸による治療も
選択肢の一つではないかと思います
 

1

« 2014年9月 | メインページ | アーカイブ | 2014年11月 »

このページのトップへ