お客様の声 当院からのお知らせ 院長ブログ
鍼灸エクテ治療院
住所
〒152-0004
東京都目黒区鷹番3丁目11-7
ハギワラデュプレックス3階301号室
東急東横線「学芸大学駅」から
徒歩2分

診療時間
【午前】9:00~12:00
【午後】14:00~20:00

休診日
日曜・月曜
※診療日についてはグーグルカレンダーもご参照ください。

休診日カレンダー
予約フォーム facebook twitter Mixi

HOME > 院長ブログ

院長ブログ

M氏の突発性難聴について(聴力検査結果付)

1、 ある朝突然に
 朝起きると、聴こえ方がなんだか違っています。
まるで右耳に何か被さっているよ うで聞こえにく
くなっていました。
会社にいっても様子が変わらないので、
翌日、 近所のY診療所の受診することにしました。
また、鍼灸エクテ治療院の予約を手配しました。


2、 Y診療所にて
 耳鼻咽喉科のある近所の診療所に行って、
標準純音聴力検査①をしてもらい、
右耳が低音障害型感音性難聴といわれました。
検査結果を見せられ、説明されたのです。
ステロイド治療しかない、
かつ早期の対応が重要
といわれ飲み薬の処方を受けました。

 3、 鍼灸エクテ治療院にて
良く通っている治療院でしたので、診てもらいま
したが、感音性難聴は難しいと言われました。
確かにその日の治療では、右耳の様子はあまり
変わりませんでした。
耳の様子の変化がないので、
翌日から処方されたステロイドを飲み始めました。

4、 T病院にて
 3日後、ステロイドを飲んでいても
様子が変わらないので、
Y診療所でT病院の紹介状を出してもらい
診察を受けに行きました。
突発性難聴との診断を受け、
すぐ1週間の入院をして
ステロイド・パルス療法を受ける
ということになりました。
入院期間中ベッドの上で横になり、
病院食を食べ
標準純音聴力検査②を行い、
安静にしていたので体が凝ってしまいました。
退院したら、
すぐに鍼灸エクテ治療院にかかれるよう、
手配しました。
退院時にも右耳の様子はあまり変化がありませんでした。

5、 鍼灸エクテ治療院にて
 退院してすぐに、体の凝りを治してもら
おうとして施術を受けましたが、
右耳の聞こえを良くするために、
なんでもすると言われ、
大分頭に鍼の刺激を与えてもらいました。
そのせいか、
施術後3日間右耳がすっきりしていました。

6、 S病院にて
 妻が私の様子を心配して、
高気圧療法で有名なS病院を予約したので、
受診しました。
標準純音聴力検査③を行い
2週間の入院をしなければならないと言われ、
仕事もあるので無理との判断をしました。

7、 鍼灸エクテ治療院にて
 S病院に行った日、
鍼灸エクテ治療院にも行きました。
前回の治療後
3日間右耳がスッキリしていた話をすると、
それでは、
2~4日おきに施術してみましょうと言われ、
10日間に3回施術してもらうことにしました。
すると、右耳に聞かせてもらう音叉の音が、
蚊の飛ぶ音になったり、蜜蜂の飛ぶ音になったり、
変化が起こってきました。

 8、 T病院にて
 鍼灸エクテ治療院で
3回集中施術してもらった
最後の日の翌日、
T病院を予約していたので診察してもらいました。
すると標準純音聴力検査④の結果がの結果より

3分法で17デシベルも良くなっていました。

鍼灸院に行っているなどとは、おくびにも出さず、
昨日まで悪かったけれど
今日は調子が良いと申し上げました。
ステロイド効果が後から表れてきたと言われました。

9、 K病院にて
 T病院の
ステロイド・パルス療法が
効果を示さなかったときに、
他の病院を紹介してくれるよう頼んで予約したのが、
K病院です。
T病院受診3日後に行ってきました。
K病院で標準純音聴力検査⑤をしてもらい、
高気圧療法などについてアドバイスを求めたところ、
何もする必要はありません、
良く寝て下さいと言われました。

10、鍼灸エクテ治療院にて
 K病院の受診のあと、
2か月に9回、週1回ペースで
鍼灸エクテ治療院の施術を受けました。
すると、低音の聴こえが良くなって、
駅などの雑踏にいると、
人がどちらからくるか分からず怖かったものが、
改善されました。

11、T病院にて
  前回のT病院受診後2か月たち、
経過を見るため受診しました。
標準純音聴力検査⑥をすると、
④の結果より3分法で5デシベルも改善し、

難聴の レベルではなくなりました。


標準純音聴力検査結果(単位:dB)

標準純音聴力検査まとめ.jpg
・M氏のデータ提供に深謝いたします。

M子さんの卵巣の腫れによる痛み

 ある日のことでした。
 M子さんが家族で川の字になって寝ていると、
 子供が、足を腹にぶつけてきました
 
 痛い!!!
 
 と感じたM子さんは、下腹部の異常を感じて
 金曜日の鍼灸院の予約を土曜日に変更して
 金曜日は、六本木の産婦人科にかかることにしました。
 
 産婦人科の女医さんは、画面を見ながら
 「あなたの卵巣は、5センチ位腫れています
 1、2週間はかかるでしょう
  腫れている間は、生理は来ないでしょう」
 とおっしゃられました。
 
 翌日の土曜日、M子さんは鍼灸院を訪れました。
 
 「昨日はどうされましたか」
  との質問に
  産婦人科で卵巣が腫れていたとの診断を受けた話を
  鍼灸師にしました。
 
 鍼灸師がそれでは、治してみましょうと言いましたが、
 M子さんは
  正直、鍼灸で治るわけがねーだろー と思いました。
 
 鍼灸を受けた翌日の日曜日、出血がありました。
 
 すは、不正出血かと思い、
 急いで翌日の月曜日に
 六本木の産婦人科にかかりました。
 
 先生は画面を見ながら、「腫れはなくなっています
 正常な生理が来ましたね 」と言ってくれました。
 
 M子さんが鍼灸を受けた話をすると
 
 「そのようなものでは治らない」
 とお話になりました。
 
 終わり 
 

弥生三月、春よ来い

 啓蟄もすぎ、動物たちは、春へ向けて、準備を進めている
寒い日々は続いているが、春の芽吹きはそこかしこで感じられる。
 
 早咲きの、桜の便りがとどけられ、その美しさと、華やかさに
目を奪われる。
 
 街を歩くと、そこここで、花が咲き、もうすぐ春本番だと
予告している。
 
 私が、感じる春本番は、なんといっても染井吉野の花々が
水面に影を映す目黒川の桜だ。
 
 毎年多くの人が、目黒川沿いの遊歩道を歩いて鑑賞していて
とても優雅で艶やかである。
 
鍼灸エクテ治療院にも、患者様とのご縁の花の咲くことを夢見ている。
 
皆様とのご縁を取り結び、鍼灸を通じて人生を楽しむための
お手伝いをすべく、春のお試しチケット(現在終了しております)作りました。
 
ご利用下さい。


節分、立春に想う

この頃の節分の時期は、スーパーに並ぶ
恵方巻きと、鬼の面で知ることとなる。
 
まだ、春といっても、それは名のみで
これから、東京地方では雪になるそうで
 
鉄道会社からは、明日は降雪注意の予報が
伝えられる。
 
花粉の飛ぶのは、今月半ばになるのだろうか
南の地域ではもう飛び始めているのだろうか。
 
ニュースでは中国の大気汚染のすごさを映していて
PM2.5と花粉症の関係も気になるところである
 
どちらにしても、暦の上では春を迎え
五行思想では、木、物の発生、発散が起こる
時期と考えれられ、木に関係する蔵である肝は
心を生ずる、つまり心がウキウキすることとなる。
 
ウキウキした春を楽しくするためには、花粉症への
対策は欠かせません。
 
PM2.5と花粉のダブルパンチを受ける前に
鍼灸で体調を整え、楽しい春を迎えましょう。

C型肝炎ウイルスの恐ろしさ

 西洋医学での肝臓は、
その機能として
 消化液の生成
 血液の解毒作用
 血液内の糖の貯蔵
など生きてゆく上で様々な重要な役割を
果たしていると言われています。
 
 その肝臓の細胞が変化して
機能を果たさなくなってしまう病気が
肝硬変です。
 
 肝臓に炎症(肝炎)を起こしてから
慢性の場合は10年から20年かけて
特にこれといった症状もなく
徐々に進行する場合があり、
肝硬変との診断を受ける状態に
なってしまってからはすでに手遅れ
と考えられています。(平成27年1月現在)
 
 さて、こんな肝炎ですが
なぜいま話題になっているのでしょうか、
 
 以前、HIVウイルスで薬害によるエイズ感染が
起こりましたが、
 同じような問題として、
血液を固めるための血液成分、
フィブリノゲンの入った製剤でも
アメリカの売血由来による
C型肝炎ウイルスの混入が確認されていたのです。
 
 その対策が取られたのが平成6年ですから
今から21年前になります。
 そろそろ、肝硬変に進行する人が多くなるのでは
ないかと考えられているからだと思われます。
 
 肝硬変は肝がんに変化する可能性が高く
十分注意しなければなりません。
 
平成6年以前には、
大手術や出産時に大量出血をした方には、
止血処置としてC型肝炎ウイルスが混入された
製剤が使われた可能性があり
処置を受けた患者さんは、
止血処置にどのような製剤を
使ったのかわからないので、
これらのリスクがあることを
知らずに生活している場合があるのです。
 
また、厚生労働省の発表では
目黒区内や近辺の病院でも、
この製剤の納入された記録があります。
 
 そして、肝硬変に変化する前に、
C型肝炎ウイルスへの感染を確認された場合
地方自治体に申請して条件に合えば、
専門機関での肝炎の治療を受けたとき
高価な薬剤治療に助成を受けることができ
肝硬変に進行することへの対策にもなります。
 
ですから、
C型肝炎ウイルス検査を受けて
頂きたいと思うのです。
 
C型肝炎ウイルス検査は、
各自治体に問い合わせを
目黒区の方は、目黒保健所で
C型肝炎のウイルス検査の呼びかけを
しています。
 
27年1月現在、自治体の検査は無料ですので
お問い合わせをなさってはいかかでしょうか。
 
 C型肝炎ウイルスは、主に血液による
感染といわれております。
 
当院では、
鍼灸治療でお体を刺した鍼は、
他の患者さんに使用せず捨ててしまいます。
また、
鍉鍼は刺す鍼ではないので血液は付きませんが、
念のためアルコール消毒をいたします
 
ご安心して施術がお受けいただけます。
 

がんと鍼灸

先日、全日本鍼灸学会関東支部の学術集会に
参加してまいりました。
 
その題目は、ずばり「がんと鍼灸」です
 
内容は、鍼灸治療が「がん」に対して
どのような立ち位置を取ることができるか
という観点から構成されていました。
 
86歳の方が、大腸がんの治療で抗がん剤を使用せず
鍼灸のみで、QOL(生活の質)を維持している症例報告や
全日本鍼灸学会の大会においても、がんに関する報告が
増加していることが発表されました。
 
また、最新のがん化学療法である、
分子標的悪腫瘍治療薬について
の講演もあり
 
終末期のがんのケアにおいて疼痛は、
オピオイド製剤の除痛効果が高く、
鍼灸に期待されるものは
イレウスによる腸閉塞症状などの
副作用への対応がもとめられている
との報告もなされました。
 
公開講座では、中村 仁一先生から、
がんで死ぬことも悪くない、
との趣旨の講演が行われました。
 
生きる姿勢と「がん」の関係について、
がんが進行してものが食べられなくなっても
それは、体自体が食料を欲していないためで
無理やり栄養を取ることのない、大往生は
 
身辺整理ができ
周囲にお礼が言えて、
けじめがつけられるので、
それほど悪いものではない
とのお話もありました。
 
また、救急車を呼び、病院に入院することは
近代医学による延命治療を受けることを
認めることだとのお話もありました。
 
確かに、大病院のベットを占有して
近代医学による治療を受けないとの
宣言することは、
そのベットで助かるべき他の患者さんの
妨げになるとの説明は納得の
ゆくものでした。
 
大病院の病院長を経て、
がん治療の実際をごらんになり
現在は老人ホームの診療所で
多くの方の看取りをなさっている
方のおっしゃることなので
非常に説得力がありました。
 
がんになったとき、
その人の個人属性、年齢や家族構成、役割、希望
などが、大きく影響する
パーソナリティのあるものなのかなとも感じました。
 
統計では、
がんは日本人の死亡原因の第1位に上げられ
がんによる死亡が60歳代から急増するので
その主な原因は、高齢化によるものとされています。
 
若年性のがんについては、
患者の将来性や希望を考え
手術や抗がん剤、分子標的薬剤を
適切に使用して治癒を考え、
 
高齢者のがんについては、
治療と副作用、その有用性を考え
今後の人生について
その人のあり方や希望により
吟味し選択することを考える。
 
そのような選択があることを
患者さんやご家族の皆様の心に寄り添って
世の中に広めてゆくことも
鍼灸師の役割の一つではないかと
感じました。

ぼんくら同心とギックリ腰

宮部みゆき先生の小説「ぼんくら」
はコミカルでほっとする物語です。
 
その一場面で
同心、井筒平四郎は、
倒れたお徳を起こそうとして
ギックリ腰になってしまいます。
 
町医者の幸庵先生は、
湿布薬でもくれるのでしょうか
奥方の志乃は取りに出かけます。
 
その間に、腰をくの字にして
布団に寝たまま、岡引き仁平親分の
訪問を受ける羽目になってしまいます。
 
やはり、井筒の旦那はなさけない
と思われることとなります。
 
鍼灸で治療すれば、
少なくとも腰が痛くてくの字に曲げて
仁平を出迎えなくてもよかったのにと
ぼんくらぶりがモチーフになっているとはいえ
いらぬ突っ込みを入れたくなります。
 
これから、寒い季節に突入します。
体の動きも鈍りがちになり腰にも影響しますので
皆様もくれぐれも体を大切にしてください。
 
重いものを持つときは、中腰ではいけません。
 
井筒の旦那のようになりたくなければ、
面倒でも膝を最大に曲げましょう。
 
少しでも腰に痛みがあれば、
ギックリが来ない前に鍼灸を。
来てしまっても改善することはできますので、
鍼灸を試してみては!?

ご参考に
腰痛
 
 

老々介護と転ばぬ先の杖

テレビ番組で老々介護の話題が取り上げられて
いました。
 
90歳代のおじいちゃんと80歳代のおばあちゃん
を50歳代の息子が、会社を休職して介護にあたる
話題です。
 
おじいちゃんは寝たきりに、おばあちゃんは、
歩くことはできますが、転倒が恐ろしいので
必ず見守らなければなりません。
 
介護保険サービスを利用はするものの、
息子さんは、24時間サービスです。
 
大変頭は下がりますが、寝たきりになる前に
やれることがあったのではないかとも思います。
 
医者はこのままでは、介護者負担が大きすぎる
と嘆くものの適切な手段はないようです。
 
核家族社会となり、住環境や都市化、勤務形態を考えますと
この10年は少子高齢化が、進むとのではないかと
思います。
 
いま、65歳以上の方は、3000万人を超え、
日本の人口の4分の1にもなっています。
 
働く人は、6400万人位ですから、
介護保険を手厚くすることは、
現実的に、難しいことなのかもしれません。
 
やはり、病気になる前に、ケアをすることが
重要ではないかと思います。
 
そして、元気でピンピンすごすには、
まずは動くことが大切です。
 
腰が痛いから、肩が凝って動きたくはない
などと思わぬ前に、
 
鍼灸で常に活動的な体に整えてゆくことが、
 
転ばぬ先の杖となり
 
皆様とそのご家族の将来の幸を紡ぐことになると
信じています。
 

神無月から霜月へ

神無月が終わって霜月に入り、師走の声を聴き
始めました。
 
木枯らしのせいか、通勤電車の中でも、マスクを
している人がちらほら見受けられます。
 
ニュースでは、エボラ出血熱ウイルスの話が大きく
取り上げられていますが。
 
本当に身近で怖いのは、
インフルエンザウイルスや風邪の菌です。

日本の死亡者全体の1割弱が肺炎によるもの
であり、
70歳以上のお年寄や14歳以下のお子様の、
肺炎で亡くなる方の割合が高いので、
 
肺炎の原因となる風邪やインフルエンザは、
お座なりにはできません。
 
これから、寒く、乾燥する時期を迎え、
菌やウイルスの活動が盛んになります。
 
人ごみでのマスクの着用と、
帰宅時に、うがいや手洗いをすることにより、
飛沫感染から身を守ることができます。
 
ぜひおやりになることをお勧めします。
 
一度体の中に入って、細胞に取り付いてしまった菌や
ウイルスを取り除く薬はないのですから
皆が気を付けることによって、感染症の流行がない
ことが理想でしょう。
 
痛い腰や膝は、動くことも大変ですが、
鍼灸により、
その痛みを緩和することが可能です。
 
また、未病への対応にもなり
体に活力をもたらすことも。
 
痛みのある方は鍼灸を受けていただき、
これから来る冬に体力や免疫力をつけて、
備えましょう。
 

水痘・帯状疱疹の予防接種について

 この10月から水痘・帯状疱疹ウイルスの予防接種が、
法律によって、定期予防接種に組み込まれました。
 
目黒区在住の方で
「生後12か月(1歳の誕生日の前日)から
36か月に至るまで(3歳の誕生日の前日まで)のかた」
は、区の契約医療機関で無料接種が受けられます。
 
保護者の方には、案内状が送付されている
と思いますので、まずご確認を。
 
また、
水痘にかかったことがなく、
水痘予防接種を受けていない
 
3歳から5歳の誕生日の前日までのお子様は、
 
平成26年10月1日から27年3月31日までに限り
公費で1回接種ができますので、
お住まいの自治体に確認してください。
 
水痘症については、
予防接種を受けることのリスクもありますが
その重症化を避けるためには、
予防接種を受けたほうが良いとの報告があり
 
また、妊娠の際に水痘に初感染すると、
母体や胎児への重大な影響もかんがえられますので
 
定期予防接種に組み込んだのです。
 
医療機関で問診や検査を受けて
接種していただくとよいと思います。
 
帯状疱疹と水痘症は同じウイルスで
引き起こされます。
 
昔、水痘症にかかった方でも
水痘・帯状疱疹ウイルスへの
細胞性の免疫機能が落ちた場合は
帯状疱疹にかかってしまいます。
 
帯状疱疹の発症を防止するためには、
予防接種を受けたほうが、
細胞性の免疫の能力が上がり
帯状疱疹にかかりにくく、
また、かかったとしても
出にくいと考えられています。
 
 もし、帯状疱疹にかかったら、
なるべく早く皮膚科医にかかり、
アシクロビルなどの抗ウイルス機能のある
薬剤を服用することをおすすめします。
 
残念ながら、病院でいただく抗ウイルス薬は、
帯状疱疹ウイルスの増加を抑える機能は
ありますが、
一度細胞に入りこんだ帯状疱疹ウイルスを
殺傷する力はないので、
体調の回復は、自己免疫の能力次第となります。
 
また、帯状疱疹のかかった後、帯状疱疹後神経痛が
出ることがあります。
 お薬もありますが、副作用が大変高い確率で
発生するようです。
 
帯状疱疹後神経痛には、鍼灸による治療も
選択肢の一つではないかと思います
 

1234

アーカイブ

このページのトップへ