お客様の声 当院からのお知らせ 院長ブログ
鍼灸エクテ治療院
住所
〒152-0004
東京都目黒区鷹番3丁目11-7
ハギワラデュプレックス3階301号室
東急東横線「学芸大学駅」から
徒歩2分

診療時間
【午前】9:00~12:00
【午後】14:00~20:00

休診日
日曜・月曜
※診療日についてはグーグルカレンダーもご参照ください。

休診日カレンダー
予約フォーム facebook twitter Mixi

HOME > 院長ブログ > ぼんくら同心とギックリ腰

院長ブログ

< 老々介護と転ばぬ先の杖  |  一覧へ戻る  |  がんと鍼灸 >

ぼんくら同心とギックリ腰

宮部みゆき先生の小説「ぼんくら」
はコミカルでほっとする物語です。
 
その一場面で
同心、井筒平四郎は、
倒れたお徳を起こそうとして
ギックリ腰になってしまいます。
 
町医者の幸庵先生は、
湿布薬でもくれるのでしょうか
奥方の志乃は取りに出かけます。
 
その間に、腰をくの字にして
布団に寝たまま、岡引き仁平親分の
訪問を受ける羽目になってしまいます。
 
やはり、井筒の旦那はなさけない
と思われることとなります。
 
鍼灸で治療すれば、
少なくとも腰が痛くてくの字に曲げて
仁平を出迎えなくてもよかったのにと
ぼんくらぶりがモチーフになっているとはいえ
いらぬ突っ込みを入れたくなります。
 
これから、寒い季節に突入します。
体の動きも鈍りがちになり腰にも影響しますので
皆様もくれぐれも体を大切にしてください。
 
重いものを持つときは、中腰ではいけません。
 
井筒の旦那のようになりたくなければ、
面倒でも膝を最大に曲げましょう。
 
少しでも腰に痛みがあれば、
ギックリが来ない前に鍼灸を。
来てしまっても改善することはできますので、
鍼灸を試してみては!?

ご参考に
腰痛
 
 

< 老々介護と転ばぬ先の杖  |  一覧へ戻る  |  がんと鍼灸 >

このページのトップへ