お客様の声 当院からのお知らせ 院長ブログ
鍼灸エクテ治療院
住所
〒152-0004
東京都目黒区鷹番3丁目11-7
ハギワラデュプレックス3階301号室
東急東横線「学芸大学駅」から
徒歩2分

診療時間
【午前】9:00~12:00
【午後】14:00~20:00

休診日
日曜・月曜
※診療日についてはグーグルカレンダーもご参照ください。

休診日カレンダー
予約フォーム facebook twitter Mixi

HOME > 院長ブログ > 老々介護と転ばぬ先の杖

院長ブログ

< 神無月から霜月へ  |  一覧へ戻る  |  ぼんくら同心とギックリ腰 >

老々介護と転ばぬ先の杖

テレビ番組で老々介護の話題が取り上げられて
いました。
 
90歳代のおじいちゃんと80歳代のおばあちゃん
を50歳代の息子が、会社を休職して介護にあたる
話題です。
 
おじいちゃんは寝たきりに、おばあちゃんは、
歩くことはできますが、転倒が恐ろしいので
必ず見守らなければなりません。
 
介護保険サービスを利用はするものの、
息子さんは、24時間サービスです。
 
大変頭は下がりますが、寝たきりになる前に
やれることがあったのではないかとも思います。
 
医者はこのままでは、介護者負担が大きすぎる
と嘆くものの適切な手段はないようです。
 
核家族社会となり、住環境や都市化、勤務形態を考えますと
この10年は少子高齢化が、進むとのではないかと
思います。
 
いま、65歳以上の方は、3000万人を超え、
日本の人口の4分の1にもなっています。
 
働く人は、6400万人位ですから、
介護保険を手厚くすることは、
現実的に、難しいことなのかもしれません。
 
やはり、病気になる前に、ケアをすることが
重要ではないかと思います。
 
そして、元気でピンピンすごすには、
まずは動くことが大切です。
 
腰が痛いから、肩が凝って動きたくはない
などと思わぬ前に、
 
鍼灸で常に活動的な体に整えてゆくことが、
 
転ばぬ先の杖となり
 
皆様とそのご家族の将来の幸を紡ぐことになると
信じています。
 

< 神無月から霜月へ  |  一覧へ戻る  |  ぼんくら同心とギックリ腰 >

このページのトップへ